So-net無料ブログ作成

花粉

本日は雨
ただでさえ熱中症が危惧された夏日からのこの落差、で調子を崩しかねないのに、私は朝からくしゃみ、鼻水、鼻づまり、、、

うがい後、点鼻、抗アレルギー剤、去痰および漢方薬の重複投与、それでもかゆいし、、、

スギの時より辛いかもしれません、、、イネ科

交流戦

ジャイアンツ、調子いいです。
それよりタイガースの調子が良いです。

うーん、抜かれないように、8月のG戦、応援に行かねば。

3発更新しました。

がん

外科医時代、がん患者さんに多く接していました。
世の中にはこんなにもがん患者さんがいるものかと感じていました。
多くは私より年長者の方、若輩者がどのように寄り添えるのかいつも悩みながら面談させてもらっていました。

内科医となり、がん患者さんと接する機会が激減しました。
先日がん登録を提出しましたが、開院1年半で10件前後です。
中でも当院で発見したのは2,3名。
2人に1人ががんに罹患する時代、がん発見率の低い医院です。

芸能人の訃報に接しました。
今井さん、遠隔転移を伴う大腸癌であったとのこと。ポート留置し化学療法を受けていたのでしょうか?
あるTV番組で、座っているのもつらそうなお姿を拝見し、まともには見ていられませんでした。

漫才全盛期に育った私ののスター、いくよくるよさんのいくよさん。
胃癌の臍転移(播種)だったのでしょうか?発見から9か月前後での訃報。
化学療法を受けたとの報道ですが、1月の映像から想像すると、QOLの高い方法を選択されたのかな、と。
あるいはそれしか受けられなかったのか。

現時点で永遠の命は望めないこの時代、がんの進行に伴う症状のつらさ+化学療法の有害反応によるつらさはきついだろうなあと改めて感じさせられました。

治癒率が高く見込めるがんは早期に発見し、何とか治療を受けたいなと思いました。

私は市の検診を受ける予定です。
がん検診を受けるかあるいは気になる症状がある人はかかりつけの医師にまず相談しましょうね。

選挙権

 18歳に選挙権を、という審議がされているようですね。

 ゆとり教育や運動会での競争順を決めないあるいは中高一貫教育でゆっくり確実に成長させようなど、戦後、心も物資も豊かになり、世の厳しい情勢・ストレスから子供を開放しよう?という一時期の流れから考えると、選挙権の低年齢化というのは逆行しているような気がしてなりません。

 また人生80年、健康寿命も延び多くの人が60年以上大人をしなくてはならないところ、年齢を上げるならまだしも、なぜ選挙権の18歳への引き下げが必要なのかなあ、と。

 自分自身を振り返ってみれば、18歳の時は高校3年あるいは浪人生でしたので、政治については全く関心がなく、でも選挙権は行使しなければならないという使命のもと!?、20歳以降は、2、3度忘れていたり行けなかったりした以外は、国政、地方問わず投票を続けています。
 20歳代、地方大学在籍時にいわゆる‘不在者投票’に行ったとき、理由を 帰省 と書いて出したら なんて身勝手な理由、のような雰囲気があり気まずい感じをすごくした思いがあります。今の期日前投票なんか堂々と理由に 旅行 という選択肢がありますからね、隔世の感というやつでしょうか。

 こういう議論が始まった具体的な理由を知らないので勝手に感想を述べましたが、個人的に選挙権は年齢で区切るよりは所得税を払い始めた人からから付与とかどうでしょうか?仕事をしている人は何かと政治に左右されますからねえ。少なくとも親の庇護のもと生活している人は直接的には関係ないと言い切ってもいいと思います。
 いろんな理由で働けない人たちは保障を含め事情に応じて、となりませんかねえ。、。難しいか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。